父さんが亡くなり、自宅の土地を承継することになりました。とは言っても、自宅は地区の山奥にあり、そういう土地を承継しても、何らできません。寧ろ、承継しただけ租税もかかって支障です。本当はすぐにでも住居を売ってしまいたいところですが、ずいぶん賢くはいきません。そもそも都道府県によっては、住居にさながら価値がないスポットもあり、売ることさえままならないのです。私の承継した住居もそうで、そんな不便なところに建つ住居など、売ることができないのです。住居が酷く売れるのは都市の演説で、都道府県によってはなんの成果もないのです。売りたくても売れなくて、相当困っていらっしゃる。不便な事態なので賃貸にすら取りだすことはできません。金をもらったというよりも、寧ろ負債を背負ったような思いさえしてしまいます。愚痴っても仕方ありませんから、これから先もあたいが管理して出向くしかテクニックはないのかもしれません。そんなふうに考えていた場合、買いたいとい演説が飛び込んできました。更地として、工場を建てたいそうです。願っても乏しい演説で喜びました。売れないとしていた店だけに、売れた時は嬉しかったです。やけに助かりました。幸に恵まれた気がします。