家庭を譲ることにしました。子供たちも大きくなり、もう家庭を出て独り立ちしました。この大きな家庭に残るのは、マミーって私の2人だけです。キッズが小さい頃は荷も数多く、この家庭も細いくらいに感じていましたが、夫妻二人だけになってしまうと戸建ては広すぎます。ついに家庭の規制もしなくてはならなくなるでしょうが、年齢をとってしまった人類両人には、規制なんて労役です。それに近郊の戸建てよりも、特に巷の便利なところに住んだ方が良いような気もしてきたのです。いつまでも元気で車の航行ができるわけではありませんし、歩いて買い物や病舎に通える都会の方が良い気がします。次いで、家庭を取り付けることにしたのです。いつか、住むことにしたのは新築の家です。ワン床で過ごすことができるので、とても便利です。戸建てよりは小さくなりますが、整備もそのぶん楽になります。規制も規制ディーラーにお任せすればいいだけですから、障碍は一般ありません。ターミナルや超絶、病舎にもくらい、お散策にちょうどいい公園も近くにあります。宿命ひとつの家庭に酔いしれるのではなく、年齢と共に自分に当たるマイホームを取りかえるほうが人類夫妻には合っている気がします。